お客様の声

おすすめ商品

露真珠ゴマージュ

12,000円(税抜)

高い潤いを保ちながら、不要な角質をやさしく落とします。黒ずむ前に、簡単なケアで、透明感のある肌を目指しましょう。

商品一覧

露真珠コスメ 美容コラム

夏のインナードライに要注意!夏でも保湿ケアを!

「夏は汗をかいてベタつくから保湿もそんなにしなくても大丈夫」
そんな風に考えているあなたのお肌はほんとうに潤っているでしょうか?
実は夏のお肌は外側が潤っていても、内側がインナードライの状態になっている可能性があるのです。
今回は夏のインナードライの原因や防ぎ方、ケア方法についてご説明致します。

夏のインナードライとは?

インナードライ

インナードライとは肌内部の水分量が少ない状態のことをいいます。

多くの女性は夏になるとあぶらとり紙を持ち歩き、ベタついたお肌の皮脂を取ってお化粧直しをしますが、
皮脂を取ってしまうとお肌はこれ以上内部の水分を蒸発させないためにさらに皮脂を分泌します。
これによって肌内部の水分量がどんどん減っていき、乾燥が進んでしまいます。

夏のインナードライとはこのように過剰に皮脂を除去したり、ベタつきを防ぐ為に何度も洗顔する
ことによって、肌の内部が乾燥してしまう状態なのです。

 

夏の肌トラブルの原因はインナードライ

夏の肌トラブルの原因はインナードライ

インナードライになると肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れ、
肌を外部刺激から守るバリア機能が低下し、ニキビや肌のゴワつきなどの肌トラブルが生じます。

夏に化粧水の浸透が悪いと感じたら、
それはターンオーバーが乱れて古い角質が肌に残っている可能性が考えられます。

「インナードライかな?」と感じたら、基本のスキンケアをしっかり行うようにしましょう。
夏だからといって必要以上に汚れを取ったり、化粧水だけで保湿するのは逆効果なのです。

 

夏のインナードライをケアする方法

夏のインナードライのケア

夏のインナードライをケアするためのポイントは洗顔と保湿にあります。

 

・洗顔

洗顔については、刺激の少ない洗顔料をたっぷり泡立てて、泡で優しく顔を包み込むように洗うようにします。
そして洗顔後は、あまり時間を空けてしまうとお肌の水分が蒸発してしまうので、
なるべく早く化粧水をつけるようにしてお肌を潤していきましょう。

 

・保湿

保湿液は肌内部まで潤す、セラミドやコラーゲン配合の保湿力の高いものを選びます。
手の平に化粧水をのせたら、ハンドプレスをしてしっかり浸透させるようにします。
そして最後に油分の少ない乳液やクリームをつけて肌表面にフタをし、水分の蒸発を防ぐようにしましょう。

 

インナードライ対策は肌のターンオーバーを正常化させて、角質層を整えることがとても大切。
角質層に水分が行き届いてしっかり潤えば、肌のバリア機能が向上して肌が生き生きしてくることでしょう。

 

紫外線もインナードライの原因になる

紫外線もインナードライの原因

紫外線は肌内部の水分を蒸発させて、肌の表面の角質層に刺激を与えます
肌を正しくケアしていても紫外線を浴びてしまえば、またすぐにインナードライになってしまいます。

夏は日やけ止め、帽子、日傘などの紫外線対策をしっかりと行いましょう。

また肌への刺激が少ない日焼け止めを選び、洗顔で日焼け止めをしっかり落とすことも大切です。

 

夏だからといって特別なスキンケアをしないこと

夏のインナードライの原因は夏ならではのスキンケアにあります。

暑い夏はどうしてもいつもと違ったスキンケアをしたくなりますが、そこに落とし穴があります。
肌のために良かれと思ってやったことが、お肌の内部を乾燥させているのでは意味がありません。

夏でも基本のスキンケアをしっかり行い、肌を外部の刺激から守ってインナードライを防ぎましょう。

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ まずはトライアルセットから

初回限定キャンペーン開催中!

ページの先頭へ戻る