お客様の声

おすすめ商品

露真珠ゴマージュ

12,000円(税抜)

高い潤いを保ちながら、不要な角質をやさしく落とします。黒ずむ前に、簡単なケアで、透明感のある肌を目指しましょう。

商品一覧

露真珠コスメ 美容コラム

老化の原因にも!コラーゲンの減少と肌の関係

「最近肌の衰えを感じる」という人は、
もしかしたらコラーゲンが減少しているのかもしれません。
コラーゲンと肌には密接な関係があり、
コラーゲンは減少することによって肌にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。
コラーゲンが減少するとどのような影響があり、
またコラーゲンを減少させないためにはどのような対策をとればいいのでしょうか。

コラーゲンはいつから減少するのか?

コラーゲンの減少と肌の関係

20代のうちはお肌に潤いがあってハリやツヤもありますが、
30歳を過ぎた頃から徐々に肌の調子が悪くなったと感じている方も多いのではないでしょうか。
コラーゲンは30代半ばあたりまではゆっくりと生産と分解を繰り返していますが、
30代後半あたりからは生産量より分解量のほうが上回ってしまうため、徐々に減少していってしまいます。

そして40代に入るとコラーゲンは急激に減少していき、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

 

コラーゲンが減ることによる影響

コラーゲンが減ると肌の水分量が減っていってしまいます
そのため皮膚には潤いが無くなり、角質化したごわごわした肌になってしまうため
「表情筋の衰え」「頬のたるみ」「目の周りのくぼみ」「深いシワ」の原因になってしまいます。
またコラーゲンの減少は、肌以外にも髪や血管、骨、関節などにも悪影響を及ぼしてしまうといわれています。

 

コラーゲン減少を遅らせる対策

コラーゲン減少を遅らせる対策

コラーゲンの減少を遅らせるために最も効果的な対策は、紫外線を浴びないようにすることです。
紫外線の波長の1つである「A波」は真皮内のコラーゲンを破壊するということがわかっていて、
これによりシミやシワの原因となるといわれています。
そのため外出する時は紫外線対策をしっかりと行う必要があるのですが、
室内にいる時であっても安心はできません。
紫外線A波は普通のガラスでカットすることはできないので、
日光が当たる室内にいる場合であっても日焼け止めなどを塗るなどの対策をしておくといいでしょう。

 

食生活など生活習慣を見直すことも大切

コラーゲンの減少は悪い食生活が原因となっていることもあります。

特に糖質を過剰に摂取すると余分な糖分がコラーゲンと結びついてしまい、
活性酸素などの影響を受けて「体のサビ」となってしまうため、注意が必要です。
そのため甘い食べ物やスナック菓子などの過剰摂取は避けるようにしましょう。

またコラーゲンを含む良質なたんぱく質を摂ることはコラーゲンの増加につながるため、
赤身の肉魚介類、豆類などについては積極的に食べるようにしましょう。
たっぷりの野菜と良質なたんぱく質を摂ることで肌を健康に保つことができるので、
コラーゲンを減少させないためには食生活にも気を付けることが大切です。

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ まずはトライアルセットから

初回限定キャンペーン開催中!

ページの先頭へ戻る