お客様の声

おすすめ商品

露真珠ゴマージュ

12,000円(税抜)

高い潤いを保ちながら、不要な角質をやさしく落とします。黒ずむ前に、簡単なケアで、透明感のある肌を目指しましょう。

商品一覧

露真珠コスメ 美容コラム

知らなきゃ損!垢抜け顔を作るチークの種類と使い方

頬に乗せるだけで、顔色をパッと明るく華やかに見せてくれる「チーク」。
カラーバリエーションはもちろんのこと、
パウダーやクリームなど、たくさんの種類がありますね。
そこで、それぞれの特徴や使い方、色の選び方などを詳しく解説します。
手持ちのチークをもっと上手に活用したい方も必見ですよ!

チークの種類

チークの種類

1. パウダーチーク

チークの中では最も定番と言える、パウダータイプ。
その名の通り粉状なので使いやすく、頬に乗せるとふんわりとした印象になります。
テカりにくく崩れにくいので、普通肌やオイリー肌の方におすすめです。

 

~パウダーチークの使い方~

パウダーチークはちょこちょこつけるより、
大きめのブラシで一気につけたほうがムラなく綺麗に仕上がります。

ブラシにチークをとり、余分な粉を落としてから頬に乗せましょう。
可愛く仕上げたいなら真ん中寄りに丸く、シャープな印象にしたいなら頬骨に添って斜めに入れましょう。

 

2. クリームチーク

クリームチークは「練りチーク」とも言われ、しっとりとした使い心地が特徴です。
ツヤが出て、内側から血色がじんわりと浮かび上がるような頬になります。

パウダーよりもテクニックが必要ですが、使い慣れれば自然な印象に仕上げられますよ。

クリームタイプは頬がカサつきがちな乾燥肌、混合肌の方におすすめです。

 

~クリームチークの使い方~

クリームチークは指先やスポンジを使い、少しずつ頬に塗っていきます。
いきなり頬に乗せずに、一度手の甲にとって量を調節しながら使いましょう。
少しずつ、トントンと軽く叩くように伸ばしていくと、綺麗に塗り広げられますよ。

 

3. リキッドチーク

リキッドチークはその名の通り、液状のチークです。
サラッとしていてベタつきがないのでぼかしやすく、透明感のある仕上がりになります。
発色も持ちも良いので、肌質を問わずマルチに使えるチークです。

 

~リキッドチークの使い方~

使い方はクリームチークとほぼ同様です。
いきなり頬にのせずに、手の甲で量を調節しながら少しずつ塗り広げましょう。
発色が良いので、つけすぎに注意しましょう。

 

チークの色の選び方

チークの色の選び方

チークの色は、自分の肌色やファンデーションの色に合わせて選ぶことが大切です。

イエローベースの人は、コーラルやサーモンなど、黄み寄りのカラーを選びましょう。
ブルーベースの人は、ローズピンクやチェリーなど、青みがかったピンクがおすすめです。

 

チークにも色々な種類があり、メリットや特徴もさまざまです。
上手に使って、明るくキュートな顔を作り出してみてくださいね。

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ まずはトライアルセットから

初回限定キャンペーン開催中!

ページの先頭へ戻る