お客様の声

おすすめ商品

露真珠ゴマージュ

12,000円(税抜)

高い潤いを保ちながら、不要な角質をやさしく落とします。黒ずむ前に、簡単なケアで、透明感のある肌を目指しましょう。

商品一覧

露真珠コスメ 美容コラム

冬に徹底したい首の乾燥を防ぐ3つのケア方法

乾燥の激しい冬は、顔のお肌のお手入れを熱心にしても、
首のケアは怠ってしまうという女性がほとんどです。

首は顔と同様に皮膚が薄く、
しっかりケアをしておかないと乾燥によってシワができてしまいます。

首はどのような乾燥対策がひつようなのでしょうか

女性の首を見ることで年齢を判断する人も多いですから、首のケアは怠ることはできません。

では、首はどのような乾燥対策をすればいいのでしょうか?

 

マッサージをして首コリを解消する

首のコリを解消することで、首の乾燥を食い止めることができます。
首は重い頭を常に支えているため、首には相当な負担がかかっています。

長時間同じ姿勢でいたり、デスクワークをしていて首が凝ってしまうのは、血流が悪くなることが原因です。
首の血行が悪くなると代謝が低下し、シワの原因にもなってしまうので注意が必要です。

首のコリを解消するためにはマッサージをして、血流を活発にしましょう。

お風呂上りにたっぷり保湿クリームを使って、首全体を上から下へ流していき、
最後は耳の裏から鎖骨を通ってワキの下に流すように優しくさすりましょう。
このようにマッサージすることで血行は促進され、やがてハリのある肌を手に入れることができますよ。

 

首に触れるものを排除する

首に触れるものには、髪の毛やストール、マフラーなどいろいろなものがあります。

なぜ髪の毛が首に触れることがいけないのかと言うと、
洗髪するときに使用するシャンプーやトリートメントのほとんどに界面活性剤が含まれているので、
その成分が少なからず髪の毛に残り、それが首に触れることによって皮膚は刺激を受けています。

また、ストールやマフラーなどが触れると水分が吸収されるだけでなく、
摩擦によって刺激を与えることになり肌荒れや乾燥肌の原因となります。

 

1日に2回のケアで首の乾燥を防ぐ

乾燥しやすい首は、顔と同じように丁寧なケアが必要です。
最低でも1日に2回保湿ケアをするようにしましょう。

首は顔と同じように24時間ずっと外気に触れているため、乾燥しやすい部分です。

顔のスキンケアを行うのと同時に首まで保湿ケアを行うことで、
しっかりと保湿をする習慣ができて乾燥を防ぐことができます。

顔だけでスキンケアを終わらせることなく、化粧水、乳液と首まで
顔と同じスキンケアをするのが一番効果的です。

年齢が出やすい首のケアをしっかり行いましょう!

特に乾燥しやすい冬は徹底的に保湿をして、年齢が出やすい首のケアをしっかり行いましょう!

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ まずはトライアルセットから

初回限定キャンペーン開催中!

ページの先頭へ戻る