お客様の声

おすすめ商品

露真珠ゴマージュ

12,000円(税抜)

高い潤いを保ちながら、不要な角質をやさしく落とします。黒ずむ前に、簡単なケアで、透明感のある肌を目指しましょう。

商品一覧

露真珠コスメ 美容コラム

必要以上に肌へダメージを与えない【クレンジング方法】とは?

ひとくちにクレンジング剤といっても、現在ではさまざまな種類があります。
クレンジングはスキンケアの基本ですが、方法を間違えるとメイク汚れが落ちないばかりか肌に負担をかけてしまうことにもなりかねません。

クレンジングによる肌への負担を軽減し、肌荒れを防止するためには、どのようにクレンジングを行えば良いのでしょうか?
今回は、そんなクレンジング方法についてご紹介します。

必要以上に肌へダメージを与えない【クレンジング方法】とは?

自分の肌に適したクレンジング剤を使おう

クレンジング剤には、オイル、ミルク、メイクも落とせる洗顔料などさまざまなタイプが存在します。
低刺激なクレンジングオイルを見つけ出すためには、自分の肌質やメイクの方法に合ったクレンジング剤を使用することをおすすめします。

肌質が脂性でニキビができやすい人の場合、洗浄効果が高いオイルクレンジングを使用することは控えましょう。
本来の健康的な肌に必要な皮脂まで洗い流してしまい、その結果肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌してニキビができやすくなるという悪循環を招いてしまうことがあります。

肌に負担のかかる合成界面活性剤や防腐剤が含まれていないメイク落としを使用すると、肌を守るために必要な皮脂を落としすぎないため安心です。
 

クレンジング剤は適量をよくなじませる

ポイントメイクとベースメイクを一度に落とそうとすると、肌にメイク汚れを残しやすくなります。
アイメイクや口紅などのポイントメイクは、クレンジング剤とよくなじませた後でコットンやティッシュペーパーなどを使って先にふきとっておきましょう。
落ちにくいポイントメイクには専用のリムーバーを使用すると便利です。

また、メイクを落とす際に肌をこすり過ぎると摩擦によって負担をかけてしまいます。
クレンジング剤の量が少なすぎると、メイクが落ちにくく指すべりが悪くなって肌に余計な刺激を与えてしまいます。
クレンジング剤は定められた量を使用して、メイク汚れとよくなじませて浮かせることが大切です。

さらに、メイクを落とす際に時間をかけすぎたり、マッサージを行うことはやめましょう。
フェイシャルマッサージを行いたい場合、メイクをしっかりと落とした後、マッサージクリームや美容オイルを使用して行います。
メイク落としの際にマッサージを行うと、メイク汚れを毛穴にすりこんでしまうだけでなく強い摩擦によって肌を刺激する恐れがあります。

 

洗い流す際の注意点

必要以上に肌へダメージを与えない【クレンジング方法】とは?

クレンジング剤の洗浄成分が肌に残っていると、ニキビや肌荒れなどのトラブルを引き起こします。生え際や両耳の付け根などは洗い残しが起きやすい部分です。
意識してしっかりと洗い流しましょう。

また、メイク汚れを洗い流す際は、ぬるま湯を使用することをおすすめします。
さらに、乾燥肌の人が熱い湯を使用すると、肌の乾燥を加速させてしまうことがあります。
両手に少量のぬるま湯をすくい、浮いてきたメイク汚れとぬるま湯をよくなじませてから洗い流しましょう。

頬や鼻のカーブに沿わせるように顔の中心から外側へ向かって静かに洗い流すと汚れを残さず洗いやすいですよ。

毎日のように行うクレンジングだからこそ、肌への気遣いが大切になってきます。
クレンジングの際は、このような点に注意しながら行ってくださいね!

 

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ まずはトライアルセットから

初回限定キャンペーン開催中!

ページの先頭へ戻る