お客様の声

おすすめ商品

露真珠ゴマージュ

12,000円(税抜)

高い潤いを保ちながら、不要な角質をやさしく落とします。黒ずむ前に、簡単なケアで、透明感のある肌を目指しましょう。

商品一覧

露真珠コスメ 美容コラム

シワを作らない! アイメイクの正しいクレンジング方法

老けて見える原因になる目元のシワは、できるだけ作りたくないもの。
それなら、スキンケアと共に毎日のアイメイク落としに注意が必要です。
クレンジングが目元に与える影響を知り、正しいアイメイクの落とし方を実践しましょう。

目元のシワとクレンジングの関係性

目元の皮膚はとても薄く、他の部分より水分を保持する力が弱くなっています。
そのため乾燥しやすく、もともとシワが出来やすい場所なのです。

しかしそんな目元に欠かせないのがアイメイク。
一番落ちにくいメイクを、一番重ねている場所ともいえるでしょう。

では、そんなアイメイクをゴシゴシとこすって落としたら、どうなるでしょうか。
目元の薄い皮膚はさらに薄くなり、乾燥してシワができてしまうのは目に見えています。

だからこそ、一番落ちにくいアイメイクを落とす時は、細心の注意を払う必要があるのです。
シワを極力作らないために、アイメイクを優しく落とす方法や手順を身につけておきましょう。

 

シワを防ぐ、アイメイクのクレンジング方法

シワを防ぐ、アイメイクのクレンジング方法
≪アイメイク専用のリムーバーを使う≫
アイメイクに使うコスメは、肌に直接使うベースメイクコスメよりも何倍も落としにくくなっています。
特にウォータープルーフのマスカラは落ちにくく、肌に優しいミルクやクリームタイプのクレンジングで落とすことはほぼ不可能です。
たとえ落ちたとしても、何度も目元をこすってしまうでしょう。

ですから、アイメイク落としには必ず専用のリムーバーを使うこと。
ベースメイクを落とす前に、アイメイクだけをリムーバーで落としましょう。

≪リムーバーでアイメイクを”ふやかす”≫
リムーバーを使ったとしても、目元をこするのはNGです。
「こすらないと落ちない……」という場合は、リムーバーを含ませたコットンを目元に10秒ほど置いてアイメイクをふやかしましょう。
固まっていたマスカラが柔らかくなって、するっと落ちやすくなりますよ。

≪落としにくい時は綿棒を使う≫
マスカラをふやかしても頑固に残ってしまうようなら、綿棒を用意しましょう。
まつ毛の下にティッシュを添わせて、リムーバーをつけた綿棒でマスカラをこすり落とします。
肌には触れずに、まつ毛だけをこするのがポイントです。

以上を踏まえた上で、正しいアイメイク落としの手順を見ていきましょう。

≪アイメイクを落とす手順≫
1. コットンにリムーバーを500円硬化大ほど含ませる
2. 目元にコットンを10秒ほど置く
3. まつ毛をコットンで包み、少し馴染ませてから下へ滑らせるように落とす
4. マスカラが残った場合は、ティッシュをまつ毛の下に敷き、リムーバーをつけた綿棒で落とす
5. リムーバーがついたコットンを小さく畳んだもの、もしくはリムーバーがついた綿棒で、目の際に残ったアイメイクを優しく落とす

その後はベースメイクのクレンジングと十分な保湿ケアを行い、シワを予防しましょう。

 

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ まずはトライアルセットから

初回限定キャンペーン開催中!

ページの先頭へ戻る