お客様の声

おすすめ商品

露真珠ゴマージュ

12,000円(税抜)

高い潤いを保ちながら、不要な角質をやさしく落とします。黒ずむ前に、簡単なケアで、透明感のある肌を目指しましょう。

商品一覧

露真珠コスメ 美容コラム

夏のお肌は油断大敵!日焼けのダメージを最小限に抑えるスキンケア

夏場に海や山などで一日中紫外線を浴びると、紫外線対策を行っていても日焼けをしてしまうかもしれません。
日焼けすると、いつもと同じ化粧水でも肌トラブルが起きてしまう可能性があります。
今回は日焼けのダメージを最小限に抑える洗顔や肌のお手入れの方法をご紹介いたします。
夏が本格化する前にぜひ覚えておいてください。

夏のお肌は油断大敵!日焼けのダメージを最小限に抑えるスキンケア

すぐに洗顔する前に

肌がヒリヒリしたり、皮がポロポロとむけてしまうほど日焼けをした後には、顔や体を洗ったり、化粧品をつけることで、むしろ肌荒れが悪化してしまうことも多いです。
まずは冷たいシャワーか水風呂でクーリングをして、肌のほてりが治まるのを待ちましょう。

低刺激の化粧水でも、弱った肌には刺激となる場合があるため、完全に痛みや赤みが引いてから使うようにしてください。

日焼けの度合い別、お手入れ方法

■軽度の日焼けの場合
クーリング後、特に痛みが残らない程度の日焼けの場合は、基礎化粧品でしっかり保湿してください。

■中程度の日焼けの場合
ノンアルコールの化粧水をたっぷり塗ってください。アルコールが入っている化粧水だと日焼けした肌には刺激が強く、皮膚の状態を悪化させてしまう場合があるので注意してください。
化粧水がしみた場合は、我慢せずにすぐに水で洗い流しましょう。

■ひどい日焼けの場合
肌に優しい化粧水でも刺激が強すぎるので、消炎作用のある保湿クリームや軟膏を塗ってください。
それでもしみる場合は早めに皮膚科を受診しましょう。

日焼け後のアフターケア

日焼け後のアフターケア

日焼けしてしまった肌は敏感になっています。
できる限り刺激を減らすことが最も重要なポイントです。

お風呂はぬるめの温度に設定し、柔らかい素材の衣服を着てください。
マッサージやお肌のパックは強い刺激になり、肌のトラブルを引き起こす可能性があるので、肌の状態が落ち着くまで控えたほうが良いです。
日焼けをしてしばらくすると皮がむけてきますが、無理やり剥がすのはやめましょう。
新しい皮膚の準備が整って自然に剥けるのを待ってください。

最も大切なのは、「さらなる日焼けをしないこと」です。
長袖長ズボンやアームウォーマー、帽子や日傘を着用するなど、紫外線を直接肌に触れさせないように工夫することが大切です。
重度の日焼けの場合は、皮膚科で処方された外用剤のみを使用し、炎症が落ち着くまで日焼け止めは控えるようにしてください。
どうしてもの場合のみ、肌に刺激の少ないタイプを選んで使用しましょう。

日焼け後のお肌のお手入れ方法を紹介してきましたが、日焼けで生じたダメージをアフターケアで完全に回復させることはとても難しいです。
日焼けを予防することこそが、最大の日焼けケアです。まずは、日焼け止めをこまめに塗ったり、肌を露出しない服装をするなど、しっかり準備をして外出してください。

 

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ まずはトライアルセットから

初回限定キャンペーン開催中!

ページの先頭へ戻る