• 露真珠コスメ ホーム
  • 露真珠とは?
  • 商品一覧
  • こだわりの成分
  • お客様の声
  • お手入れ方法
  • お買い物ガイド
  • お問い合わせ

シミ、シワなどの年齢肌が気になり始めたら、肌再生化粧品「露真珠コスメ」シリーズ まずはトライアルセットから

初回限定キャンペーン開催中!

現在のカートの中

合計数量:0

商品金額:0円

カートの中を見る
お客様の声

おすすめ商品

露真珠ゴマージュ

12,000円(税抜)

高い潤いを保ちながら、不要な角質をやさしく落とします。黒ずむ前に、簡単なケアで、透明感のある肌を目指しましょう。

露真珠シリーズ商品一覧

露真珠美容コラム

会員ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

こだわりの成分

お肌に浸透した金(金ナノコロイド)は毛細血管を拡張させ、免疫を活性化
コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などの生成を促します。
拡張した毛細血管にはたくさんの血液が流れこみ、たっぷりの酸素と
栄養を供給することができるため、自然治癒効果が期待できます。

また、金は永遠にマイナスイオンを発生し続けることができるミネラルです。
マイナスイオンの働きで栄養分がしっかりと細胞内に吸収されます。
その結果新陳代謝がよくなり、健康的にお肌が甦るため、
抗シワ作用、リフトアップ効果が期待できます。

抗菌・抗炎症作用も高く、ニキビ・吹き出物・湿疹などにも作用します。
プラチナ(白金ナノコロイド)は、11種類あるすべての活性酸素を
除去することができる強力な抗酸化物質です。
エイジングケアや健康促進に効果的と言われています。
しかもプラチナは一度働くと抗酸化作用が無くなる他の抗酸化物質とは異なり、
「触媒」として働くため、体内にある限り半永久的
抗酸化作用を発揮することができます。

長い期間体内に留まる危険性がなく、
さびたり、化学変化を起こしたりということもないため、
食品添加物として厚生労働省に認められているほど、安全性の高い物質です。
EGFは、人間が本来持っている、細胞を再生させるタンパク質の一種です。
新しい細胞の生産を急速に促進する働きがありますが、20代から
急激に減少します。補給することにより、年齢とともに低下する肌本来の力を助け、
皮膚細胞の新生を促すことができます。
ヒアルロン酸の約2倍という高い保湿力があり、しかもその保湿力を
ずっと維持できます。また、角質層のバリア機能が補強されることで、
様々な刺激物質からお肌を守ります。角質層の細胞間を満たしている脂質と
構造が同じため、肌にとても馴染みやすい物質です。医療の分野でも使用されている
ことからもわかるように、安全性も高く、大注目の次世代成分です。
プラセンタは、胎盤のことで、胎児を育てる働きから、細胞を活性化させると言われ
生命の維持に必要なあらゆる物質が含まれているとされています。
そのエキスは、各種アミノ酸やビタミン・ミネラルなどを豊富に含み
完全栄養と呼ばれています。細胞分裂を促す成長因子を含み、
肌本来の自然治癒力を高め、新陳代謝を活発にする作用があります。

露真珠シリーズは、馬、豚、植物の3種類のプラセンタエキスが配合され、
それぞれが違う役割を担っています。特に馬プラセンタは、人間の組織成分に
最も近く、栄養価とアミノ酸含有量がとても高いため、高級とされています。
コラーゲンは、皮膚、筋肉、内臓、骨、髪など全身のあらゆる組織に含まれる
タンパク質の一種です。細胞の隙間に存在し、糊のように細胞同士をつなぎとめる
と同時に、細胞を正しい位置にきちんと配列させる仕切りのような役割も
果たしています。露真珠シリーズには、
分子量が小さく、肌に浸透しやすいのが特徴の「加水分解コラーゲン」、
コラーゲンのらせん構造を壊さず、粘りが強いため、水分を抱える能力に優れた
「水溶性コラーゲン」、肌の奥まで届く浸透性が特徴で、
角質層の保湿作用や保護作用がある「サクシニルアテロコラーゲン」
の3種類のコラーゲンを配合しています。
もともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類というねばねばした物質
のひとつです。保水力にすぐれた物質で、1gで水6リットルを保持することができる
といわれています。目や皮膚で潤いを保ち、関節では潤滑油のような役割を
担っています。ヒアルロン酸は、コラーゲンとエラスチンで構成された
皮膚の骨組みを埋めるような形で存在しており、水分を保つことで、
潤いに満ちたハリのある肌をつくる
役割を果たしています。
露真珠シリーズには、浸透型ミクロモイスチャーヒアルロン酸、
ナノ処理ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Naの3つのヒアルロン酸を配合しています。

アルガニアスピノサ葉エキス

アルガニアスピノサ葉エキスとは、モロッコに自生するアルガンツリーの新芽から採れるエキスのことで、
肌の奥にある真皮幹細胞を活発にします。
真皮幹細胞はコラーゲンやヒアルロン酸を作り出す繊維芽細胞を生成する働きを持っています。
つまり、真皮幹細胞を活発にさせることで、肌の弾力やハリを高めたり、肌の乾燥を防げるということです。
肌の老化が気になる方は、アルガニアスピノサ葉エキス配合の化粧品を使用されてください。

アルブチン

アルブチンは厚生労働省に認可されている美白成分です。
αアルブチン・βアルブチンの2種類があり、最近登場したのがハイドロキノンとブドウ糖を結合させた
αアルブチンです。
βアルブチンよりも美白効果が高く、ハイドロキノンよりも安定性しているため、肌に与える負担も少ないです。
即効性はありませんが、継続して使い続けることで、シミやくすみ、そばかす、ニキビ跡などの色素沈着を
目立たなくできます。
天然のアルブチンと合成のアルブチンがありますが、合成のものは肌トラブルを起こす危険があるので、
天然のアルブチンがおすすめです。

キハダ樹皮エキス

キハダ樹皮エキスはミカン科の落葉樹「キハダ」から抽出されるエキスです。
キハダにはフラボノイド、アルカロイド、ステロイドといった成分が含まれており、
化粧水や乳液など様々な化粧品に配合されています。
抗炎症作用と殺菌作用が強く、ニキビ・ニキビ跡の予防や改善に効果があります。
収れん効果により、肌を引締めたり、毛穴の開きを目立たなくさせることも可能です。
無添加化粧品やオーガニック化粧品に使われることが多いです。

クジェルマニエラギラタエキス(褐藻エキス)

褐藻エキスは褐藻植物から抽出したエキスの総称です。
北海道ガゴメコンブに含まれるネバネバ成分から抽出したものをクジェルマニエラギラタエキスと呼びます。
そのため、クジェルマニエラギラタエキスは褐藻エキスの一種だと考えてください。
北海道ガゴメコンブにはアミノ酸、ミネラル、フコイダン、ジアスターゼといった成分が多く含まれています。
持続性に優れた保水作用があるので、シワや乾燥肌の予防・改善に効果を発揮します。

ポリグルタミン酸

ポリグルタミン酸は納豆から抽出した保湿成分です。
納豆菌の発酵によって生まれるネバネバがポリグルタミン酸の正体です。
このポリグルタミン酸は水分を肌に閉じ込めるだけではなく、肌機能を整える働きも持っています。
肌に成分を与えることで、カサカサの乾燥肌を改善させたり、ターンオーバーを促し、
健康的な肌を作ることが可能です。
普段みなさんが食べている納豆の成分なので、安全性も高く、安心して使用することができます。

セラミド

セラミドは化粧品に使用されることが多い保湿成分です。
水分や油分を閉じ込める働きを持っており、乾燥から肌を守るために必要不可欠です。
さらに紫外線などの外部刺激から肌を守るバリア機能、
コラーゲンやヒアルロン酸の持つ保湿効果を高める機能も備えています。
セラミドが不足すると肌バリア機能が低下し、乾燥肌や敏感肌といった肌トラブルを引き起こす恐れがあります。
肌トラブルを防ぐためにもスキンケアによってセラミドを補わないといけません。

ペプチド

アミノ酸が2個以上繋がった状態の成分をペプチドと呼びます。
ペプチドは肌の修復・再生を促す働きを持ち、美容だけではなく、スポーツや医療の現場でも使用されています。
コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進させたり、メラニンの生成を阻害する作用があるので、
シワやシミの改善に効果を発揮します。
エイジングケアには欠かすことができない注目の成分です。
吸収力に優れており、肌に素早く吸収されるというのもペプチドの特徴です。

フルーツリンクルプロテクトエッセンス

グレープフルーツ・サンザシ・タイソウ・リンゴのエキスとライム・オレンジ・レモンの果汁を合わせた
7種類の果実から抽出した天然植物成分です。
ターンオーバーを活発にし、肌の生まれ変わりを促す、ピーリング効果が期待できます。
シワやニキビ、ニキビ跡、くすみ、シミ、たるみなど様々な肌トラブルに作用し、
透明感のある肌に導いてくれます。
その高い美容効果からクレンジング剤やファンデーションといった色々な化粧品に使用されています。

ハイブリッドローズ花エキス

ハイブリッドローズ花エキスとは、農薬を使用せずに栽培したバラから抽出される天然成分のことで、
抗糖化作用を持っています。
糖化はタンパク質と糖が結合して、AGEs(糖化最終生成物)と呼ばれる老化物質を生み出す現象です。
AGEsが蓄積すると肌の老化を促し、くすみ、乾燥、ハリ・弾力の低下などを引き起こします。
ハイブリッドローズ花エキスの持つ抗糖化作用によって、AGEsの生成を抑制し、若々しい肌を維持できます。

レパゲルマニウム

レパゲルマニウムは水溶性有機ゲルマニウムの一種で、アサイゲルマニウムとも呼ばれます。
肌細胞の代謝を促進させる働きがあり、くすみやむくみ解消に効果を発揮します。
安全性もとても高く、人体に害を与えたり、肌トラブルを引き起こす心配もありません。
とても優しい成分なので、肌が敏感な方や弱い方でも安心して使用できます。
また、レパゲルマニウムはローションやソープといった化粧品だけではなく、
食品や育毛剤などにも使用されています。

ビタミンA(パルチミン酸レチノール)

ビタミンAはレバーや乳製品に多く含まれている成分で、食事からでも摂取できます。
皮膚・粘膜を強化する働きがあり、健康的な肌を維持するために忘れてはいけない成分です。
免疫力や抵抗力を向上させ、ニキビの悪化を防ぐことができます。
コラーゲンの生成とも大きく関係していて、シミやシワ、たるみといった肌トラブルの予防・改善にも有効です。
強い抗酸化作用もあるので、老化防止にも効果的な成分だといえます。
パルチミン酸レチノールはビタミンAの一種で、刺激が少ないことで有名です。

ビタミンC(ナノビタミンC)

ビタミンと聞いて一番最初に思い浮かべるのがビタミンCではないでしょうか?
ビタミンCは美容成分の中で最も有名で、様々なスキンケア化粧品に使われています。
免疫力を高め、ニキビや吹き出物を改善する働きやコラーゲンの生成を促し、
シミやくすみを抑える働きがあります。
さらに強い抗酸化作用を持っており、アンチエイジング効果も期待できます。
また、ナノテクノロジーによってビタミンCをナノ化したものをナノビタミンCと呼びます。

アルガンオイル

アルガンオイルはアルガンの木の実から抽出したオイルのことで、モロッコの黄金とも呼ばれています。
アルガンの木はとても希少で、サハラ砂漠やモロッコにしか生息していませんし、
1つの木の実から採れるオイルは少量です。
肌を再生させる機能があることから、現地では火傷の治療薬として使われています。
抗酸化作用のあるビタミンEが豊富に含まれており、その量はオリーブオイルの2倍~3倍です。
老化予防やアンチエイジング効果が期待できます。

ローズヒップオイル

野生のノバラの実の種から抽出した希少価値の高いオイルです。
ローズヒップオイルは95%が美肌成分で構成されており、アンチエイジング効果、保湿効果、
美白効果、ニキビ改善、ハリ・弾力の向上など様々な効果が期待できます。
どんな肌タイプにも使用でき、皮脂の分泌を整える働きがあるので、カサカサした乾燥肌や
ベタベタした脂性肌をはじめ、2つが合わさった混合肌の改善にも効果的です。
ローズヒップオイルは酸化しやすいため、1ヶ月~3ヶ月を目安に使い切りましょう。

リパーゼ

リパーゼは胃液や膵液に含まれる酵素で、消化酵素に分類されます。
脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する役割を持ち、体内に蓄積された脂肪を減少させる働きがあります。
リパーゼ配合の洗顔料を使用すると脂肪分解作用により、皮脂汚れや角質を綺麗に落とすことができます。
洗浄力の強い成分ですが、必要な皮脂は残してくれるので、肌が乾燥することもありません。
刺激性も低く、肌が弱い方が使用しても肌荒れを起こすこともないです。

プロアテーゼ

プロテアーゼはタンパク質を分解する働きを持つタンパク質分解酵素です。
化粧品はもちろん、サプリメントにも使用されている成分です。
年齢を重ねると肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、古くなった角質がそのまま残ってしまうため、
肌トラブルを起こしやすくなります。
古くなった角質を除去するのは難しく、体や顔をいくら洗っても完全に除去することは不可能です。
しかし、プロテアーゼであれば、その古くなった角質を分解し、ターンオーバーを正常に戻すことができます。

ヒバマタエキス

ヒバマタエキスはヒバマタと呼ばれる海藻から抽出したエキスにグリセリンを混ぜた美容成分です。
ヒバマタには亜鉛やヨウ素といったミネラルをはじめ、食物繊維も豊富に含まれています。
肌に潤いを与える保湿成分としても使われていますが、新陳代謝や肌再生を促す働きもあります。
高血圧予防、免疫力アップ、動脈硬化予防、糖尿病予防といった効果もあるので、スキンケア商品ではなく、
サプリメントなどの健康補助食品にも使用されています。

ページの先頭へ戻る